軽減税率 キャッスレス決済 お得な方法 クレジットカード編

カード払い方法 快適生活
スポンサーリンク

本記事は、消費税10%アップにともない導入された軽減税率制度に対して政府が事業として推進している「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業」。

私たちがどのように買い物をすれば一番お得かを調べた結果を書いています。

何をどうすれば、安くなるのかを出来るだけ簡潔に書いているのでよかったら参考にしてください。

2019年10月1日「経済産業省キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業」が始まりました。テレビのニュースなどでは「お得お得」という言葉が飛び交っています。

私はどうしたら制度を利用できるの?

スポンサーリンク

クレジットカードを使って決済しよう。

クレジットカードを使う時ってどういう時だった?

一般的にクレジットカードを使う時は、金額の大きい商品(例えば1万円以上)を買うときの手段であります。

また、大きな金額の現金を持ち歩くリスクを避けるためにもクレジットカードは持たれています。

クレジットカードを使う時って釣竿を買う時や高額の家電商品を買う時に使用しています。

それ以外の少額な買い物は、基本は現金で払ってるよ。

クレジットカードを使用しすぎると、支払う現金の現物を見ていないので、ついついお金を使用しすぎてしまいそうで怖い。。。

2019年10月1日からは、少額でもクレジットカードで支払おう。

結論 10月1日から少額でも、クレジットカードで決済しよう

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会 のHPより

この文章を噛み砕いて言うと、「クレジットカードを使って対象のコンビニや飲食店や小売店で決済したら税込購入金額の5%〜2%分の金額をクレジットカード会社を通じてお返しします。」ということです。

なんで使ったお金を戻してくれるの?(還元してくれるの?)

政府は、現金決済からカード決済の変更を推進したいからです。

政府はカードで決済するとさまざまなメリットがあると言われています。

政府の言うメリットを私が調べた結果、支払いなどの現金を扱う仕事我々がお店で支払う行為簡素化ができるメリットがあるっていうことを言いたいんだと思います。

その利便性を国民のみなさん(消費者やお店)に実感してもらおうという期間として2019年10月1日から2020年6月末までの9ヶ月間、クレジットカードで購入した商品の税込購入金額から最大で5%のお金を返してくれるキャンペーンです

この政府の予算は、税金から支払われています。その額2,798億円です。

2,798億円ってすごい額。絶対に利用しないと損だな。

あなたの持っているクレジットカード会社のホームページを見よう。

みなさんが使用しているクレジットカード会社が経済産業省キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業に参画しているかどうか調べる必要があります。

下記のボックスをクリックすると皆さんの使用しているカード会社名を入力して対象かどうが検索できます。

404

または直接カード会社に電話して、「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業に参画(さんかく)していますか?」と聞いてみましょう。

各カード会社の基本条件を確認しよう。

還元対象の金額をどのように私たちへ返してくれるのかそれぞれ確認しましょう。

一番メリットがあるのは、カード利用の請求時に1ヶ月の還元合計金額分を差し引いてくれるのが明瞭で親切だと思いました。

カード会社に対して、私たちが個別で制度を利用申請する必要はありません。

クレジットカード一枚に対して還元金額の上限がある。

カード1枚あたり還元金額の上限は15,000円です。

15,000円っていくらまで購入できるの?

還元が5%だった場合は、使用金額が税込月額300,000円まで。

還元が2%だった場合は、使用金額が税込月額750,000円までが対象です。

クレジットカードを使えるお店を調べよう。

どのお店でもクレジットカード決済をしたら、還元してくれるわけではありません。

加盟店として登録しているお店に限ります。

このステッカーが目印

大手コンビニは還元2%です。

ガソリンスタンドは還元2%です。

中小企業小売店は、還元5%です。

お店に入る前にステッカーが扉に貼っているか、またはお店の人に「キャッシュレスポイント事業に参画(さんかく)していますか?」と聞いてみましょう

自分の現在地からスマートフォンやパソコンでクレジットカード払いの登録対象店舗を探すことができるよ。

https://map.cashless.go.jp/search

上記URLより対象店舗を地図上から探すことができます。

決済手段をクレジットカードにチェックをいれて検索してみてください。

キャッシュレス還元対象店舗を探す地図
どこに対象のお店があるかすぐに調べることができます。

まとめ

消費税率が2%上がることによって、私たちが支払うお金は確実に増えます。

今こうやって政府が大規模な予算をかけて政策を実施しているので、是非活用したほうが支出に対してメリットになると思います。

購入商品が消費税10%の場合でも、還元5%のお店で購入した場合、実質消費税5%で購入したことと変わりません。

加盟店も2020年4月までにどんどん増えてくると思います。

私は、すべての商品に対してカード払いが良いとは言い切りません。

しかし、こうやって国をあげてキャンペーンをあげている期間は、お店・我々消費者ともにメリットがでるようにしてくれているので是非キャッシュレス決済をしてみましょう。

この記事よく読まれています。

コメント