【社会人必見】テニスが上手くなるために、練習量の3つの増やし方

テニス
スポンサーリンク

この記事は、テニスが上手くなるためにどのように練習量を増やせばいいのかとういことを書いています。

この記事を書いている私は、週1回のテニスのレッスンだけでは中々上手くならないことに気付き、練習量を増やすことで、上達を感じることができました。

今、自分の思うようにテニスが上手くならないと感じているなら参考にしてみてください。

テニス 上達=練習量

テニスを上達するためには、どんな人でも練習量を増やす必要はあります。

先日、錦織圭選手が試合の後のインタビューで、

「プレーはかなりよくなてきている。いっぱいテニスして、いっぱい試合するしかない。回数をこなすしかないと思う。」

なにもせずに上手くなる人は、ほとんどいません。

ただ同じ練習量で上達のスピードの違いは、人間なのであります。

スポンサーリンク

練習量の増やし方 その1 自宅で素振りをする。

毎日テニスコートでテニスを4時間プレーすることは、社会人にとってはとても難しいことです。

しかし、ラケットを毎日握ることは可能です。

毎日素振りを徹底してましょう。

素振りをすることで、テニスをしているイメージを持つことができます。

また自身のフォームもチェックできます。

練習量の増やし方 その2 コミュニティーに参加する。

テニスの練習相手を随時募集しているサイトがあります。

「tennisoff.net」というサイトがあります。

都道府県ごとに、練習や試合の募集が日時ごとに設定されています。

思い切って練習に参加すると、とてもためになると思います。

「知らない人の中でプレーすることによって、普段の力を出せるかどうかの腕試しになる。」

「初対面の人とプレーするからこそ、緊張感をもってプレーできる。」

費用は、コート代金を人数で割っている方も多くみられますので、明瞭です、

もしわからない場合は、参加前に問い合わせをしましょう。

練習量の増やし方 その3 レッスンの回数を増やす。

定期的なレッスンを週1日を受けていらっしゃる方が多いと思います。

平日や休日にスポットで空き時間ができたならば、テニススクールに問い合わせをしてビジターで参加してみることをお勧めします。

新しいテニススクールに体験で参加するのも一つの方法です。

まとめ

テニスが上手くなるためには、練習量を増やすことは絶対に必要になります。

「ただ単にやみくもに練習しても意味がない」などは思わずにとにかく時間があればラケットを握って素振りをしてみましょう。

練習量は、嘘をつきません。練習した分だけ・テニスをプレーした分だけ成長します。

身近な目標を立てて楽しみながらテニスをしましょう。

テニス
スポンサーリンク
てんぴすのブログ

コメント