テニス  ボレー フォロースルーの重要さ

テニス  ボレー2 テニス
スポンサーリンク

ボレーで大切なことは、

ボールをテニスラケットのガットのセンター部分でキャッチする(=当てるだけ)ことが

大切ということを前回の記事で書きました。

テニス ボレーの上達への道 ポイントで解説
この記事は、ボレーをするときのポイントをわかりやすく書いています。この記事を書いている私は、ボレーをしたときにボールがガットにミートして的確に狙った場所へ返せるように普段から研究してきました。硬式テニスを始める前に軟式テニスで前衛(ボレー担当)。地区選抜にも選ばれていたのでボレーに対する基礎力が養われました。

記事を2回に分けた理由は、

「ボールをガットのセンターでキャッチする」行為がとても重要だからです。

これをしっかりできていないとボレーはいつまでたっても上手くいきません。

ボールがラケットに上手く当たらないんです。

今回は、ボールを完全にガットのセンターで捉えることができるようになった後に読んでいただきたい記事です。

ボレーはフォロスルーでコントロールする。

スポンサーリンク

【ボレー】ボールがガットに当たってからの動きが大切。

ボレー時にボールがガットの真ん中に当たります。

当たったと同時にラケットのグリップから前に押し出します。

するとボールに勢いがつきます。

ボールが当たった後に押し出す。って結構難しいです。

初めは、明らかにボールがガットから離れるのを確認してから

グリップを前に押し出すぐらいでちょうどいいと思います。

よく間違うのはボールをキャッチする前にテイクバックをとって

ラケットでボールを打っているパターンです。

テイクバックをとった場合、ボールとガットが当たるタイミングがずれてしまい、ボールが上手く飛びません。

ボールが当たってから、ラケットを押してもボールに球威って伝わるの?

伝わります。

これを習得するには、数を打つことが必要になります。

ボールを押し出すってよく言います。

当たった瞬間にラケットでボールを押すと、ボールに体重がのって

ボールに重みが増します。

失敗するとテイクバックをとってしまい、ガットの真ん中にあたらず

バチっと音がなってミスになることが多いです。

イメージを掴んでもらうためにわかりやすい動画があったので

リンクを貼っておきます。

【テニス】ブレない!吉備雄也プロの絶品ボレー
ボールをガットでキャッチするまでラケットを振っていません。

吉備選手のボレーはまさしくラケットでボールをキャッチしてから

フォロスルーでボールに体重をのせています。

特にフォアボレーでは、ボールがガットに当たるまでは面は動いていません。

プロだからできる。ではありません。

練習すれば必ずできるようになります。

練習量です。

ボレーは難しくありません。

むしろボレーは、体力をつかわずに相手を攻めることができる唯一の武器です。

テニス ボレー
スポンサーリンク
てんぴすのブログ

コメント