テニス シングルスとは◯◯◯だ。

テニスシングルス テニス
スポンサーリンク

この記事は、テニスのシングルス戦で

なかなかシングルス戦で勝てないとき、1勝が遠いとき

どうすればいいかわからなくなったときに、新たな道筋を

立てれる内容になっています。

シングルスは勝ちか負けしかない。

スポーツ競技において1対1で対戦するスポーツは、

テニス

卓球

バトミントン

ボクシング

柔道

バトミントン

空手

っというのがパッと思い浮かびます。

勝つか負けるかです。

その試合は、自分と相手しかいません。

サッカーやバスケットなどの団体競技では、

個人技と連携プレーのレベルが試合結果を左右します。

試合の勝ち負け引き分けの要因は複数でてきます。

テニスのシングルスは、個人競技です。

負けた場合、内容はどうあれその対戦相手より自分が弱いということを

認めざるを得ません。

スポンサーリンク

シングルスの試合に出て負けた。

この記事で書いたように以前シングルス戦に出場し、負けました。

負けて初めてわかることもたくさんあります。

敗因です。

その敗因をいつまでに克服するのか?どうやって練習するのか?って自分で考えます。

それをやるかやらないかも自分次第です。誰も怒ってくれません。やれって言われません。

自分との戦いです。

自分が練習を辞めてしまえばレベルはそのままです。

また次の試合に出ても負けます。

それで満足できるんだったら、それでいいと思います。

スクールに通ったからといって、シングルスの自分の弱点を克服できるワケではない。

スクールに行くと、大体いつもと同じメンバーでプレーします。コーチが決めたテーマ内容のレッスンを受けてレッスンの最後に簡単なゲーム(1ゲームぐらい)をするっていうのが一般的な内容だと思います。

勝利のためのテニスをするのならば、それだけの練習していつ勝てるようになるんですか?

コーチに聞いても答えてはくれません。

自分の弱点は自分でわかっていると思います。苦手なショットの練習を普段のスクールのときにするんです。得意なショットばっかり打っても上達はしません。

レッスンは、苦手なショットを克服するためにお金を払ってテニスをしているんです。

もっと苦手なショットをレッスンのときに打ちましょう。

テニスのシングルスは、格闘技だ。

試合にでるからには、勝たないと楽しくないですよね。

負けてもいいと思うのならば、試合に出ないほうがいいと思います。

勝利して初めて喜びがわかりますし、さらにもう1試合することもできます。

なんとしてでもポイントを積み上げて6ゲームを先取する必要があります。

相手の弱点を早く見つけて、弱点を攻めるべきです。

相手を自分より走らせて疲れさせます。そしてこちらから攻めて倒すんです。

優勝したら、その地区で少しは名前が売れます。

もっと上手い人と出会えるチャンスがきます。

負ければ誰よりも早くコートを跡にします。

シングルスの戦い方、このままでいいんですか?

誰も勝ち方なんて教えてくれません。

勝ち方を見つけるのは、自分自身です。

自分を信じてとことん練習して、前に向かいましょう。

勝利を信じたら必ず勝てる日がきます。

がんばりましょう。

テニス 試合
スポンサーリンク
てんぴすのブログ

コメント