テニスの試合で勝つためにはどうしたらいいか。3つのポイント

スポンサーリンク

この記事は、テニスのシングルス戦において勝つためにどうしたらいいのかを書いています。

この記事を書いている私は、最近の試合で勝ったり負けたりする中で勝った時の試合と負けた時の試合の違いは何かを調べるために、自身を撮影しそれを見て分析しました。

またプロではない他の人の試合をたくさん見ることで勝つ人には「ある共通点」があることに気付きました。

この記事を読んでいただいている皆さんは、きっと試合に勝つためのヒントを探されていると思うので、共有できれば幸いです。

テニスの試合に勝つ人の共通点

スポンサーリンク

決め球を打てるから勝てるわけじゃない。

テニスのシングルス戦で強い人のイメージは、良い球・良いコース・良いショットを打ってポイントを取り、相手に打ち勝つようなイメージがあります。

とにかく攻めてポイントをとり、凌ぐところはしっかりと凌げるという感じです。

それは上手な人だから出来ることです。私たちのような発展途上のプレイヤーはなかなかそれができないから勝ったり負けたりしているのです。

だからこそ一撃必殺で決め球を打ってポイントをとりたいと考えます。

そのために私たちは決め球を打つ練習して、試合で実際に打ってみます。

しかし、決め球を相手にうまく返球されては意味がありません。

全力で打った決め球を返球されてしまうと、精神的ダメージが大きいと思いませんか?

決め球が打てるから試合に勝てるわけではありません。

勝つためのポイントその1

自分からするミスをいかに減らすことが出来るか。

これが中級クラスの試合で負けている人の要因の第一位です。

負けた試合っていうのは、自分からするミスが多いことがほとんどです。

同じようなレベルの相手と試合したときには、特にそれが顕著に現れます。

相手は、緩い球で確実にこちらのコートに確実に返してくる。

こちら側は、自分の体力の心配と長々とラリーするのがイヤでポイントを取りにいく。

決めにいったショットが、バックアウトになる。または、ネットにかかる。

相手にポイントが入る。

繰り返す。。。

たまに決め球が決まってポイントは取れるが、ゲームはあまりとれない。(ミスが多いから)

上記に書いた試合の流れはよく見かけます。私もよくやってしまいます。

勝った試合っていうのは、その逆のことが起こっています。

相手がミスをする回数が多いのです。

相手がミスをしてくれると、なぜか気持ちが楽になったりしませんか?

ラッキーと思う気持ちと、自分にポイントが入った喜びからか体力も少し回復したように感じることが出来ます。

自分が自らミスをするっていうのは、相手にパワーを自然と与え続けていることになります。

勝つためのポイントその2

対戦相手を左右に確実にふれるショットが何回も打てるか。

テニスの基本と繋がるのですが、自分のフォアハンド・バックハンドのどちらからでも相手のコートのフォア側・バック側にきっちりとミスをせずに返すことが出来ますか?

相手を左右に動かすことで、相手がミスする可能性が増えてきます。

この基本のショットができていないと、シングルス戦2回戦を勝ち進むことは難しいと思います。

勝つためのポイントその3

相手がミスするような球を打てるかどうか

自分がミスショットを打った時は、どのような球でしたか?

ドライブショットやロブショット

浅い球や、深い球。

自分がミスした時の流れを思い出して、それを相手に同じようにやってみるのが一番の近道です。

もう少し噛み砕いて言うと、自分が立っている場所に飛んできた球を打つパターンのと、ボールを追いかけて打つパターンはどちらがミスしやすいと思いますか。

後者のボールを追いかけて打つ方がミスする確率が上がります。

できるだけ相手がいない場所へ打って相手を動かしましょう。

右へ左へ、前へ後ろへと相手を動かす意識が大切です。

まとめ

試合に出る回数が増えると、自分の経験(データ)が増えてきます。

これはテニスのレッスンで半年受け続けても会得できない経験だと思います。

試合に勝つためには、

①いかに自分からミスする回数を減らすことが出来るか。

②自分のフォワーハンド・バックハンドで、相手を左右にふれるショットをミスせずに何回も打てるか。

③相手がミスをするような球を打てるか

この3点を意識して普段のレッスンや練習をすることが勝利への近道です。

とにかく自分からミスをしない。絶対に相手のコートにボールを返す。

そのためには、基礎練習をしっかり毎日行う。

これが大切だと思います。

テニス 試合
スポンサーリンク
てんぴすのブログ

コメント