テニス ダブルスの一番良いポジションについて

テニスダブルス ダブルス
スポンサーリンク

この記事は、テニスのダブルス時のポジションの一番いい場所について書いています。

ダブルスの試合開始の時に、味方ペア・相手ペアでそれぞれポジションをとっています。

このポジショニングっていうのは、場所によっては相手から弱点を狙われることもありますし、逆に脅威を与えることもできる場所です。だからこそ どこに立つのが一番いいのか考えてしまいます。

この記事を読むとダブルス時のポジションニングに迷わなくなります。

ダブルスのポジショニング

スポンサーリンク

一般的にダブルスポジション(レシーブ)は自分の得意なストロークが打ちやすい場所にとろうとします。

苦手なバックハンドのスペースは埋めている。

図のように、フォアハンドが得意な人はバックハンドのスペースを狭くしてなるべく全てのサーブにおいてフォアハンドで処理できるようにポジションを取ろうとします。

バックハンドが得意な方も同様にフォアハンドのスペースを狭くして場所をとろうとします。

しかし、一番良いポジションは「相手から見てスキがない場所に立っていること」です。

相手から見てスキがないポジションっていうのは、どこだと思いますか?

例えば、あなたがデュースサイドでレシーバーとします。そのときのレシーブの位置は後で述べるにして、相手の前衛がどこに立っていたらスキがないと思いますか?

相手が左右に偏った場所に立っていたら、そのスペースに打ち込むチャンスだと思いませんか?(強烈なサーブがくると当然打ち込むことはできないんですけど。。)

「左右均等な場所に立つ」ことが相手から見てスキのない場所です。

バランスよく立つと、相手から見た時に狙い所がなくなります。スペースがないからです。

先ほどの例えであなたがレシーバーのとき、相手の前衛がセンターラインとサイドラインのちょうど真ん中で立たれてると、あなたはいきなりストレートを狙おうと思わないと思います。

理由はストレートに打っても相手にボールが届く可能性があるからです。

対戦相手は常にあなたの場所を見ています。

対戦相手はスペースがあればそこを狙おうと考えます。

しかし、あなたが均等な場所にポジションをとると、相手の頭の中で「狙ってやろう」という考えて方はほどんとなくなります。

図にそれぞれのベストポジションを書きましたので参考にしてください。

センターで構えどちらに飛んできてもいいようにする。

あなたがサービスの前衛の時、相手があなたのポジションはスキがないと感じた場合、今度はこちらにチャンスが回ってきます。相手はあなたを避けて打ってくるからです。ポーチのチャンスです。思い切って出ましょう。きっと決まります。

まとめ ダブルスのポジションは偏ったスペースは作らない。すべて均等な場所に立つ。「必ずボールを返球できる」と信じよう。

レシーブやサービスの前衛の時のポジショニングの話をしました。

ポジショニングは非常に大切です。

自分の苦手なショット側に打たれたくないためにスペースを埋めてしまう傾向は、誰しもが思うことです。

でも、いつまでもそうやって戦っていては成長は難しいです。

思い切って左右均等に立ってどこにボールがきても思い切ってショットしてみましょう。

堂々と構えていると相手にもそのオーラが伝わるはずです。

おすすめの本です。

「テニスダブルス 勝てるポジショニング・決まるショット 現役草トーナメント王が伝授! すぐ使える戦術とテクニック (学研スポーツブックス) 」

ダブルス テニス
スポンサーリンク
てんぴすのブログ

コメント