テニスのサーブ 最強メンタルを身に付ける方法

テニス サーブ サーブ
スポンサーリンク

サーブはメンタル8割。

サーブの決定率はメンタルの内容で8割決まります。

今回の記事は、

普段サーブがなかなか入らない。

サーブの調子が上がらない。

ファーストサーブだけが入る率が悪い。

そういった悩みを持っていらっしゃる方に書いた記事です。

この記事を読むとサーブを打つ時の考え方が前向きになります。

気持ちが前向きになることによって、サーブが自然と入るようになります。

スポンサーリンク

サーブを打つときに考えてはいけないこと。

サーブを打つ時って、野球でいうピッチャーですよね。

サーブを打ってプレーが始まる。

もしサーブが入らなかったら、プレーが始まらないどころか

相手に得点を自動的に与えてしまう。

そんなこと考えていませんか?

そんなにプレッシャーかけると当然のように入るサーブも入らなくなります。

そんな考え方はやめましょう。

考えてはいけないことは、他にもあります。

  • 相手のどこに打ったらサービスエースが決まるか考える。
  • 球種(フラット・スピン・スライス)を考える。
  • サーブの次のストロークのことを考える。
  • ダブルス時、ペアの体にサーブが当たらないか考える。
  • 現在のポイントのことを考える。

このようなことを考えているとサーブは入りません。

余計なことを考えすぎです。

余計なことを考えるから、普段のフォームが崩れるんです。

こういった考えはすべて無駄です。今日から考えないようにしましょう。

サーブは絶対に入る。

サーブって絶対に入るんです。

だって、自分が思うようにトスを上げて好きなタイミングでラケットをスイングできるんです。

これってすごく簡単なことなんです。

それをわざわざ難しいことを考えてしまうので、入らないようにサーブを打っています。

サーブは入ります。

今日からサーブは簡単に入ると思いましょう。

私のサーブは絶対に入る。そう思ってサーブを打ちましょう。

サーブは、相手からポイントを取るチャンスボール。

サーブはスマッシュでもなく、ストロークでもなく、もちろんボレーでもありません。

自分から主導でボールを打てる最高のチャンスボールです。

思い切ってラケットを振りかぶって、思い切ってボールを打ってみましょう。

きっと入ります。だって、チャンスボールを自分の手でトスを上げれるんですから。

でも、ラケットとボールが当たるまで目線を逸らさないように注意しましょう

サーブほど楽しい練習はない。

思い切ってボールを打てるんです。

思い切ってボールをこすって回転をかけれます。

一方的に相手のコートに向かって思いっきり打てます。

ストレス発散できますよね。

サーブ練習時にコースやフォームを考えよう。

サーブ練習のときに、

「相手のどこを狙う」

「何の球種の練習をする。」

どうやったらもっとうまく速いサーブを打てるのか。

そういったものを考えるチャンスです。

サーブ練習で身についたフォームが試合で発揮されます。

サーブのフォームについて書いた記事です。よかったら読んでください。

1球でも多くサーブを打とう

サーブは、練習で打った数ほど上達すると思います。

打てば打つほど、腕の振りが早くなってサーブのスピードが早くなります。

打てば打つほど、ボールに回転をかけるコツがわかってきます。

テニススクールでは、サーブ練習時間は短縮されがちだけども、

その中でも1球でも多くサーブを打とう。

まとめ 今日から最高のサーバーだ。

サーブほど、自分本位で打てるショットは他にはありません。

サーブは楽しいです。

サービスエースをとれたら、それだけでこちらの得点になります。

試合運びが簡単になります。

相手のコートにサーブを入れようなんて思わないください。

相手からポイントを奪うためにサーブを打ち込むんです。

勝つためのサーブ、今日から打ちましょう。

サーブは簡単に入ります。

サーブ テニス
スポンサーリンク
てんぴすのブログ

コメント